out

送料無料税込8,800円以上のお買上で送料無料

 

亀ヶ岡遮光器土偶

独自商品コード 2021000007138
発行ポイント 0ポイント
希望小売価格
販売価格

1,650(税込)



購入数

在庫あり/1〜2営業日以内に発送予定

製造元
原産地
商品特殊表示 在庫あり/1〜2営業日以内に発送予定
在庫状況

 

縄文の土偶の中でも海外の人気が高く、国の重要文化財に指定された、亀ヶ岡遮光器 土偶のレプリカ


土偶とは人形をした土製の焼き物で、諸説あるものの女性を誇張、あるいはデフォルメしたものが多いと主張する専門家もいます。
1886年(明治19年)に亀ヶ岡遺跡(青森県つがる市木造亀ケ岡)で出土された、遮光器土偶は、今から1万3千年前に始まり、およそ1万年に渡って続いた縄文時代晩期につ くられた土偶の一タイプ。

一般に「土偶」といえばこの型のものが連想されるほど有名な型である。
目にあたる部分がイヌイットやエスキモーが雪中行動する際に着用する遮光器(スノーゴーグル)のような形をしていることからこの名称がつけられた。オリジナルは出土したときから左足が欠けていましたが、こちらは両足が揃っていて立つ状態になっている。

縄文の造形は岡本太郎をはじめ、様々なクリエーターが影響を受けています。また、美術史や人気のデザイン誌で取り上げられるほか、世界の博物館にも多数コレクションされるなど、縄文の造形は多くの注目を集めています。

オリジナルは東京国立博物館に所蔵されており、国の重要文化財にも指定されています。




亀ヶ岡遮光器土偶正面から見た時のイメージ
亀ヶ岡遮光器土偶正面から見た時のイメージ
亀ヶ岡遮光器土偶側面から見た時のイメージ
亀ヶ岡遮光器土偶側面から見た時のイメージ




こちらの商品は重要文化財に指定された、亀ヶ岡遮光器 土偶の精巧なレプリカとなっております
こちらの商品は重要文化財に指定された、亀ヶ岡遮光器 土偶の精巧なレプリカとなっております
縄文の造形は岡本太郎をはじめ、様々なクリエーターに影響を与えています
縄文の造形は岡本太郎をはじめ、様々なクリエーターに影響を与えています


 


サイズ :W80xD40xH115mm
素材 :粘土
生産国 :made in Japan

この商品をチェックした人が見ている商品

$nbsp; $nbsp;